特許ライセンス貸します!
弊社取得の特許・実用新案を貴社で商品化・事業化を実現!
“加重材ポリスチール玉”&“建設現場用の箱抜きスリーブQPRシリーズ”

サブタイトル:
新規ビジネス立ち上げを模索中の企業・経営者様へ!!
  ごく最近登録した特許ライセンスで“競争のない事業を展開”しませんか!
   キャッチフレーズ:   No:b00043   カテゴリ:新規事業アイデア提案サービス

以下は今回提案している“商品化していない弊社取得の特許・実用新案”です。

ご提案プロジェクトNo-01: “ポリスチール玉”

☆ポリスチール玉は、多用途に対応できる「鉛ウエイトに代わる加重材(重石)」です。☆

(考案名称:加重材、加重材集合体、制振装置、及びコンクリート構成物)

登録第3209324号 及び 商標登録第5967013号(商願2016-144114)

 

<特徴>

鋼球に樹脂被覆を施すことで、 「新しい特性を有するポリスチール製加重材」 に革新します。

たとえば、従来重石に「水や砂」を使用している各種土台。砂の比重は水の1.9倍だが取扱いが面倒。

ポリスチール玉を使用すると 比重7.8倍。取扱も容易。水と混合しても錆びずに適量調整 できる。

 

☆☆ 当該実用新案:登録第3209324号及び商標登録第5967013号に関する製品の製造及び販売権の、
実用新案ライセンス通常実施権設定先を募集します。 ☆☆

名称未設定4

名称未設定2

名称未設定3

ご提案プロジェクトNo-02: “QPFシリーズ”

「建設現場 箱抜きスリーブ用具」QPFシリーズは、「進化するボイド管」、「進化したスリーブ穴養生蓋」、「進化型養生スリーブ」の三案からなります。(詳細は以下に記載)

 

1.「QPFシリーズ 進化するボイド管

(発明の名称:開口部形成具)特許第6029080号 登録日2016.10.28

  • 特許第4270406号
  • 特許第4342606号
  • 特許第4384257号
  • 特許第4404321号
  • 特許第6029080号

<特徴>

使い捨ての既製紙ボイド管に代わる、NETISボイドラップ工法による使い捨てないNEWボイド管。

NEWボイド管は用途に応じて製品化し、現場加工無く取り付けるだけの製品とする。

例えば、フェンスやガードレールなどの支柱基礎開口用。

設置も撤去も容易で、且つ廃棄することなく繰り返し使える 『コンクリート箱抜き用具』である。

しかし、工事会社の方々にとっては、工事完工後の整備・保管が必要となります。

そこで、 『NEWボイド管は、レンタル向けの製品化』をご提案するものです。

名称未設定5

名称未設定6

この一連のボイドラップ工法に関する製品の製造及び販売権につきまして、弊社既存所有の特許・ 意匠及び商標類を含め一括してご活用いただける企業様<1社限定>を募集いたします。

2.「QPFシリーズ 進化したスリーブ穴養生蓋

(発明の名称:止水養生蓋)特許第6083080号 登録日2017.02.03

<特徴>

現況タワーマンションなど多層階建築現場の皆さんから 床配管スリーブ穴養生に

求められた課題は3つ!

・ 踏み抜き防止(注意喚起)

・ 下階への雨水侵入防止(止水対策)

・ 取付が簡単(工具不要軽量かつ丈夫)

☆ この課題を解決したのが ☆スリーブ穴止水養生蓋 仮称:イエローキャップ☆

名称未設定7

名称未設定8

この特許に関する製品の製造及び販売権につきまして、ご活用いただける企業様<1社限定>を募集いたします。

3.「QPFシリーズ 進化型スライドスリーブ

(発明の名称:梁用貫通孔形成具)特許第6048613号 登録日2016.12.02

<特徴>

“スライドスリーブの主な未解決課題は”

  •  施工図明記の開口芯に対して、芯が無いスライドスリーブ本体の正確な位置合わせ。
  •  梁配筋後(梁貫通補強筋含む)の型枠内側での困難な固定作業。
  •  型枠取外し後、固定に使用した釘の切除及びサビ止め塗装処理。

 

これらの課題を意識してから20年。解決手段の構想から8年。

ようやくこの課題を全て解決した「ハリプロ式進化型スライドスリーブ」を発明しました。

名称未設定9

名称未設定10

この特許に関する製品の製造及び販売権につきまして、 ご活用いただける企業様<1社限定>を募集いたします。

「提案アイデアの概要説明」

上記の通り、弊社が特許を取得しており、まだ商品化していない案件を「事業化できる企業様」を探しています。ニッチ市場アイデアではありますが、是非一度ご検討くださいませ。