協業・株主・事業スポンサーを募ります!!
自動車の内装・空調製品メーカーや販社の協力も求む!
電気自動車に当社独自の「防曇・空調技術」を活用しませんか?

サブタイトル:
走行する限定空間では、世界で例がないアイデアです…
  高分子収着剤を使用し、デシカントブロックによる車内除湿!
  電気自動車の空調エネルギー負荷の大幅低減を実現します!
   キャッチフレーズ:   No:b00046   カテゴリ:自動車運輸関係

株式会社 横浜熱利用技術研究所  http://y-hut.com/index.html

「提案アイデアの特徴」

・高分子収着剤(※1)を塗布した紙状母材をハニカム状に形成したデシカント材で、通過する高湿度空気を除湿します。この効果を電気自動車の車内除湿(搭乗者の呼気から出る水蒸気を吸湿)に応用することで、冬場の窓の曇り止めと暖房効果を得ます。

・吸湿した水分は、電気自動車のバッテリーや制御機器を冷却して、温度上昇した空気にて再生できます。

・この技術を使用することで、電気自動車の空調に使用される電気の消費量を大幅に削減できます。高分子収着剤によるデシカントブロックを電気自動車の空調へ応用する製品は世界でも例が無く、電気自動車の連続走行可能距離を大幅に改善可能です。

・高分子収着剤によるブロック状デシカントは軽量で、耐衝撃性も高く、フレキシブルかつ形状自由度が高い特徴を有しますので、自動車などの限定空間への装着性も良好です。

・特に、既に衣類や毛布などにも使用されており、人体に対して安全で焼却処理も問題ありません。

※1…高分子収着剤は、日本発の新規樹脂材料で、吸湿時の発熱を防寒に利用する下着やウエアに採用されています。

「提案アイデアの概要説明」

・電気自動車の車室内空気をデシカントブロックに導き、除湿(同時に温度上昇)します。この低湿・高温の空気をウインドウガラスや車内へ還流させることで車内湿度を低下させ防曇と暖房補助を行います。

・また、一定時間ごとに数分のデシカントブロック再生運転を行います。これにより、従来の電気自動車が防曇で行う、冷房運転による除湿ならびに低温化した空気のヒーター加熱による低湿・高温の空気製造に使われるバッテリー負荷を大幅に削減可能です。

・高分子収着材は、すでに衣料品や寝具部門で通常に使用される樹脂材料ですが、自動車などの走行する限定空間での応用は世界初です。

・また、電気自動車などの次世代自動車の市場は極めて膨大で、かつ材料や製造コストも低いので、高付加価値製品の大量販売に繋がります。

【ご説明資料】

4

567

【保有特許一覧(国内)】

8 9

【保有特許一覧(海外)】

11 12 13